Cooled 6D Mark U   
2017/09/07 新規

2017/10/13 更新

2017/09/07 686900
今年8月に発売されたEOS 6D MarkUの冷却化を始めました。

今回の最大の特徴は、普段使いもできる冷却デジカメです。

普段の撮影は冷却ユニットを外して軽量・コンパクトに持ち歩ける。
天体撮影時には冷却ユニットを取り付けてノイズの少ない画像を得る。

量産開始はあと1ヶ月ほど先になりますがご期待下さい。




冷却ユニットの取り付け




外観はノーマルの6D MarkU
液晶パネルを開ける




三脚穴にユニット保持ベースを取り付ける
冷却ユニットをベースに嵌めてアイカップで押さえる

脱着時の道具が不要で、30秒以内に完了する

冷却テスト



現状はΔ27℃(28.6℃→1.8℃)ですが、霜取りヒーターを取り付けたり断熱強化をするとΔ23℃〜28℃になりそうです。

温度計の固定はホットシューに差し込みます(この写真では未完のため上に置いてあるだけです)

温度計の差し込みジャックは外部マイク端子を利用しますので外部マイクは使えません。
外部マイク以外はすべてノーマールと同機能で使用できます。

温度を安定させる温度調整器をオプションで発売する予定です。

2017/10/13 688315
数回の設計変更で、何とか実用レベルになりました

面積の大きなフルサイズCMOSの霜取りヒーターは予想以上に電力が必要で、最初の試作ユニットはパワー不足でした。
結局、当初よりも一回り大きくなりましたが、何とかピギーバックできる大きさに収まりました。

後は、とっちらかした図面の整理と、ユニットのアルマイトやネーム入れ等、まだまだやることが残っております。


右のユニットは初回のもの